12/18 かぐらスキー場・新潟(今季7日目)

ウィッス!
またしても前日の予告とは別のゲレンデに行ってしまいました!
今回はスノーボードショップGAIAの公式チームであるGAIA.EXEのメンバーに混ぜてもらって行ったのですが、そのチーム員の一人が土曜に上越国際に行ってて、「コースが一部しかオープンしてなくて微妙だよ」という情報を伝えてきたため、直前に変更になったのでした。

行ったのは新潟のかぐらスキー場
ここは苗場スキー場に隣接するスキー場で、結構有名な所らしい。
知らなかったけど。

土曜の深夜から出発して、下道を突っ走り、ロープウェイ下の駐車場に着いたのは午前5時半。
ちょっくら仮眠をとり、朝イチでGo!





と、自分達は駐車場で寝てたから知らなかったのですが、同時刻、関越自動車道が大雪のため通行止めになっていた模様。
    ↓
朝出発で高速を使って滑りに来ようとしていた人達は来れず。
    ↓
自分達のプライベートゲレンデ状態!!

こんな流れで、休日とは思えない程の空きっぷりでした☆
リフト・ゴンドラ待ち0分!
とてもスムーズでした。

雪の方は、さらっさらのパウダースノー。
がっつし戴いてきました。

ただ・・・
雪が降りすぎて、上の方のリフトは停止してたため、上の方にあるかぐらエリアのパウダーを喰う事はできず。
残念。
まぁ、こういうこともあります。
次に来る楽しみを残しておいたということで。

今回のメンバーには、GAIA店長の友達のインストラクターの方も来られてたので、ラッキーにも教えていただくことができました。
なんというか・・・
これまで自分が正しいと考えてたカービングターンは、間違いだらけだということがわかりました。
(もちろん、正しいと考えてたカービングターンもできてない事は知ってましたが、目標としていたターンがそもそも間違っていたことがわかりました)
なにが間違いだったかって、これまではターンをする時に踏み込めばいいんだと思ってましたが、それでは減速してしまって本当のカービングにはならないのだということ。

とにかく教えてもらった通りにやってみたら、ちゃんとしたカービングターンをすると、ターン後半で重力による力以上に加速するということが体感できました。
板のしなり、反発で加速するらしいです。
あと、フロントサイドターン時に肩を進行方向に巻き込んでいるクセも指摘されました。
肩を巻き込むことで、無意識に板をずらしてしまっていたみたい。
見る人が見れば、わかるものなんですね。
フロントサイドのターンはずっと苦手意識があったんですが、その理由がわかりました。
これでキッカーでのB3がキレイにできるようになるかも・・・
ほんと、スノーボードってのはターン一つとってみても奥が深いですねぇ
これからは初心に帰り、ターンもちゃんと練習しようと思います。

そのインストラクターの方とはゴンドラ乗っている間にターンについて語っていただいたんですが、その語りの熱さ、ハンパじゃなかったです。

今回のスノーボードでは今まで自分が触れたことのなかった「本物のカービングターン」の世界に触れることができました。
これまではちゃんとしたカービングターンってどうやるのかよくわかりませんでしたが、もう迷う必要無し!!(ハセキョ風)
b0014001_2394620.jpg


CW-Xについては次の記事に。
[PR]
by yana_yana | 2005-12-19 23:10 | ☆スノーボード


<< CW-Xレポ 明日は・・・ >>