12/3 奥只見丸山スキー場・新潟県(今季4日目)の前に・・・

土曜、新潟県は奥只見丸山スキー場に行ってきました。
このゲレンデがある新潟の山奥のあたりは、あまりにも雪が多すぎて真冬の間は道路が閉鎖されるため、11月下旬~1月上旬まで営業したらそこで一度クローズして、春になったらまた営業するという、ちょっと信じられないスキー場です。

先週と同じように、金曜の夜のうちにKIMさんちに泊まり込み、土曜は4時起きで出発!
今回はyana、KIMさんの他に、ヒロタさん、ヨネさんの4人で行くことになりました。

5時半には関越自動車道に入り、沼田インターを超え、順調にドライブは進みます。
しかし・・・
湯沢インターを過ぎたあたり・・・









ソレは起こりました。





アナタは時速100kmでスピンしたことがありますか?


状況:
高速道路の追い越し車線(右車線)を100km/h程で走行。
左車線と右車線の間にはシャバ雪が溜まった状態。
yanaは後部座席左に座ってました。

自分達の車の左前輪がシャバ雪にひっかかり、左前輪のみブレーキがかかった状態に。
左側にスピンが始まる。しつこいけど、時速100km/h。

ドライバーのカウンターステア(右にハンドルを切る)により、振り返しで右スピンに入る。
いわゆる「タコ踊り」状態に。
2車線のど真ん中あたりでドリフト状態。

反対側へのカウンターステア(左にハンドルを切る)により、またスピン方向が変わり左スピンに。この時点でスピンの勢いはかなり大きくなっており、完全にコントロールできなくなる。

ドライバー「あー、無理だ」と冷静な一言。
車内に絶望的な空気が漂う。この時点でも時速はおよそ70~80km/h。

大きく右車線にはみ出しながら、進行方向に対して車は90°横を向いた状態で回り続ける。
視界の右後ろから徐々に左壁が近づいてくる(回っているため)

車体は180°回り切り、そのまま左壁に突撃する。

と、思った瞬間!!





止まりました!!
壁まで約50cm。壁際に溜まった雪がブレーキになったみたいです。

奇跡。まさに、奇跡。


その後、なんとかUターンして(その間も後ろから来る車がスレスレで通って行き、死ぬ思いを何度か味わう)どうにか復帰。

1時間半後、無事にゲレンデにたどり着きました。。。



あのまま事故になっていればたぶん玉突き事故を引き起こしていただろうし、そうなれば自分達が怪我するだけではなく事故に巻き込まれた人、それが引き起こす渋滞に巻き込まれる人等、相当数の人に迷惑をかけていたでしょう。
本当に、事故にならなくてよかった。
ドライバーは札幌で何年も雪道を運転していた人で、自分を過信するような人でもないけど、それでもこういうことは起こりうる、という事です。
[PR]
by yana_yana | 2005-12-05 23:10 | ☆スノーボード


<< 12/3 奥只見丸山スキー場・... 「雨ニモマケズ」 >>