1/2 キロロ(今季9日目)

札幌近郊にありながら世界に誇れる極上のパウダーを味わえる場所、キロロ。
今回もその期待を裏切らず、パッフパフのパウダーを提供してくれた。
(というか、北海道に来てからほとんどパウダー食ってばっかりだな)

ここの雪は北海道の中でも特に軽くて、滑ってても雪が勝手によけていってるような気になってくるほど。
まさに今日はそんな状態だった。



その極上のパウダーをいただこうとした瞬間、今日一緒に滑るメンバーの中にありえないゴーグルをした奴を見つける。
K山である。
奴は、雪が降り続きゴーグルの性能が試されるこの条件において、一枚レンズの、高さ5cm横幅20cmくらいの、黒いガンダムみたいな、超古いスキー用ゴーグルをして登場したのだった。
いや、そのゴーグル、普通に顔からはみ出してるし!
とツッコミつつリフトに乗り込むと・・・
フード付きリフトの中で既にくもってるし!

笑えねー!いや、笑える!!
(K山はそんな状況とはおかまいなしに「Yo!滑っちゃうYo!」とかノリノリだし)


雪は最高の状態で、コース脇でさえも十分に楽しめる感じだった。
雪の量も多いし、所々で飛んだりもでき、「やっぱりパウダー滑るならキロロだなぁ」ってしみじみ思った。

で、3,4本滑った後、K山を見てみると・・・
レンズが無くなってる!!

どうやらレンズが外れたままつかなくなってしまったらしく、伊達メガネならぬ伊達ゴーグルとなってしまっていた。(おまけに、ストラップもねじれたまま凍り付いてた。)
そしてそのまま伊達ゴーグルをつけて滑るK山・・・
まゆ毛もまつ毛も凍ってるから!
しかし、あの状況で弱音をはかないのは偉いと思った。普通の人なら絶対にテンション下がってなえるところを、それをネタにしてみんなを盛り上げるあたりはさすが。

そんなK山の言葉
「なんか、やたらおっさんがこっちを見てきて、目が合うと思ったら、俺を見てるんじゃなくてゴーグルを見てるんでした!このゴーグルをつけてるのが自然になりすぎてて、忘れてましたよ!」
あんた、すげーよ。


午前中はパウダー(とK山のゴーグル)を満喫し、午後からはキッカーを楽しむことに。
キロロのキッカーは自分やTコロにとっては練習に丁度いい大きさなので、新しい技を練習できてとても楽しい。(国際のキッカーだとちょっと大きすぎて新しい技やるのは怖いしね)
軽くアップ系なんだけど、ランディングまでの距離が短い上にランディング自体が長いから安心感がある。
そして・・・やっちゃいました、FS360メランコリーグラブ!
いやー、ほんと楽しいです。どんなに小さいことでもスキルアップした瞬間の喜びがあるからこそ、スノーボードってやめられないと思う☆この日はこんな収穫を胸に、キロロを後にしたのだった。
[PR]
by yana_yana | 2005-01-10 13:22 | ☆スノーボード


<< 1/3 札幌国際 (今季10日目) 1/1 ルスツリゾート(今季8日目) >>