12/30 ニセコもいわスキー場(ラ・ポンテ) (今季6日目)

さて、札幌国際で北海道初すべりを終えた次の日、さっそく地鶏狂会合宿に突入することになった。
合宿の予定は30日にニセコで滑り、ロッジに泊まり、31日はルスツで滑り、泊まりもルスツ、1日もルスツで滑って札幌に帰るというプランだった。
参加人数は初日が10人、2日目から11人だった。久しぶりに会える奴らばかりだったから、楽しみだった。

b0014001_21304588.jpg朝、札幌滞在中に泊めてもらってる後輩(Eンドウ)と、歳は同じだけど学年が一つ下でまだ大学院生やってる(Sミイ)と共にニセコ方面へ向かう。途中で久しぶりに公道を走る除雪車を見たので、記念に一枚。

今回、合宿の初日に採用したスキー場は「ニセコもいわスキー場(通称、ラ・ポンテ)」という小さいスキー場。ここはコースのほとんどが未圧雪でパウダーラン、ツリーランしたい放題というありえなさが最大のうりのスキー場なのだ。
完全に林のところまで一応「コース」になっちゃってるし、パウダー用ボードをもった人がたくさん集まる、パウダージャンキーの聖地みたいなスキー場なのです。

で、俺はというと・・・あいかわらず011Artistic持ってきちゃいました☆
152cm(短い)、完全ツインチップ(さらにノーズ短い)ですよ、みたいな。
b0014001_21394578.jpg
パウダー喰えるのか?むしろパウダーに喰われるんじゃないか?
という不安をかかえつつ滑ってみると・・・
案の定、辛かった(泣)
滑れなくはないけど、体重を右足にかけすぎて一本で右足がパンパンに。だってフルタイムテールプレスみたいになってたんですもの。(足がパンパンなのは前日にはしゃぎすぎたせいだという話もある。)

もう一本滑った後で「これは一日もたない」と判断して、やれるとこまでセットバックすることに。セットバック後はまぁ一応パウダーで浮いてくるくらいにはなったので、ガンガンパウダーランをやってみた!
感想は、マジ気持ちいいということに尽きる!久しぶりに北海道のパウダーを満喫できた。ラスト一本は調子にのって林の奥に行き過ぎてコースに戻れなくなり、腰まであるパウダーを歩く羽目になったけど、それは愛嬌ということで(笑)
ぶっちゃけ、日が暮れてきてまだコースに復帰できなかったときはちょっとびびったけど

なんとかコースに復帰してレストハウスまで戻ったときは、ホッとしましたわい。

で、一休みした後で予約していたロッジへ向かう。でも着いてびっくり。
え?コレがロッジ??
b0014001_21554166.jpg



「完全に民家じゃん」と心の中でツッコミつつ中に入ると・・・
やっぱり普通の民家でした(笑)
どうやら人が住んでたところをロッジとして貸し出しているらしい。でもコレがよかった!
一軒貸切だからいくら騒いでもいいし、気も使わなくていいし、なんか凄い落ち着けた。

軽く温泉に入ってきた後、晩飯を食うことに。
この日の晩飯は焼肉&キムチ鍋。民家だから当然飯も自分達で作りながらいただいた。
b0014001_21592362.jpg
パウダーを満喫し、温泉に入り、スノーボードのDVDをかけっぱなしにしながら、今日の一本について語りつつ食べる肉&鍋&酒・・・
人生最高の時間を過ごさせていただきました・・・

ちなみにこのときに見たDVDは
i am…、ボードゲーム、白黒style2、下克上、after lame、video gangなど。
どれも楽しいし音楽もいいからノリノリで見ちゃった。
そして合宿は怒涛の2日目へと続く・・・
[PR]
by yana_yana | 2005-01-06 21:40 | ☆スノーボード


<< 12/31 ルスツリゾート(今... 12/29 札幌国際スキー場(... >>