愛媛に帰省してきました。

地元・愛媛県今治市の釣りというのはどんなものだっただろう。
今回の帰省では小学生の頃にはまっていた今治でのサビキ釣りを思い出すべく、今治港・富田新港でサビキ釣りをしてきました。

まずは富田新港から。

サオを札幌から愛媛まで持って帰るのは大変なので、富田新港の近くの釣具屋「上州屋」で2,000円のサオ・リールセットを調達。

b0014001_19434961.jpg


サビキ用の小海老をゲットして釣り場に向かいます。
釣り場の富田新港は遊歩道横に柵があり、散歩やファミリーフィッシングにも最適な場所。

b0014001_19432428.jpg



近くには宮殿工場で全国的に有名な、日本食研もあります。

b0014001_19441055.jpg


妹と釣り場に行き、釣具をセットして早速糸を垂らします。
海の中にはたくさんの小魚が見えるものの、決して爆釣にはならず、たまに釣れる感じでポツポツと釣れてきます。

が、大半が「あいご」という、背ビレと腹ビレに猛毒をもつ悪そうな魚と小フグばかり…
この2種はリリースして、それ以外には妹に6cmくらいのミニ真鯛とベラが釣れたのみで終了でした。

b0014001_19443529.jpg


富田新港はエギングでアオリイカも釣れるらしく、隣でエギングをやってたおじさんがアオリイカ一匹釣ってました。おじさんが語るに、「この場所は根がかりが酷いけん、釣り方覚えるまではエギを1万か2万円分くらいはとられながらやり続けんといかんわい」とのこと。たまの帰省でそこまではやれないなぁ…と思いながら、この日は終了です。

次の日はしまなみ街道で海を渡ったところにある、とある民宿に泊まりながらのお御馳走をいただき活動。

b0014001_19445858.jpg


b0014001_1945749.jpg


マダイ・イセエビ・サザエの刺身…
そーとーおいしかったけん!!
おっと、つい方言が出ましたね。

3日目、午前中は大山祇神社に参拝。
なにやら、由緒正しき神社らしいですよ。

b0014001_19452037.jpg


b0014001_19453149.jpg


b0014001_19454394.jpg


b0014001_19455457.jpg


午後、実家に戻ってからはまた釣り。今度はザ・地元ということで今治港白灯台です。
ここは実家から自転車で5分程度でいける場所ということで、中学生の頃の多感はyana少年はよくここまで自転車で来て海を見ながら物思いにふけっていたものです…
それはいいとして。
富田新港の時と同じように釣り開始です。
どうやらサビキは針小さめ、オレンジ色の針がいいらしいことが分かったので、今度は最初からそれをセレクトして始めます。
今回も堤防の近くには見え魚がたくさんなのですが、近くではまたしてもあいごが釣れまくる。

b0014001_1946979.jpg


あいごはそもそも四国よりももっと南の方の魚らしいのですが、ここ最近の猛暑による海水温上昇により瀬戸内海まで入ってきている、とのこと。
確かにワタクシが小学生の頃にサビキ釣りしてた頃はこんな悪そうな魚見た頃ありませんでした。
あいごが釣れるたびに、近くにいる釣りおじさん達が「それ手で触ったらいかんよ。救急車で運ばれるけん!!」と注意してくれます。今治で釣りしている間、いろんな人が話しかけてきまて、なんとなく人と人との距離が近いように感じました。あったかい町やねぇ。

堤防そばはあいごゾーンなので、ウキをつけて少し離れたところに仕掛けを投げて釣ってみることに。
これがあたりで、

b0014001_19462463.jpg


b0014001_19463516.jpg


b0014001_19464623.jpg


b0014001_19465811.jpg


カワハギ・アジ・ベラ・ススメダイといろいろな小魚を釣ることができました。
サイズは小さいけど、楽しい!!
途中、エギングにトライするも全く反応なしなのでこの日は17時頃にストップフィッシング。

b0014001_19471153.jpg


釣れた小魚は南蛮付けにしました。

b0014001_19472222.jpg


家族にも大好評。満足の行く釣行となったのでした。

次回…また1年後くらいになるかもしれませんが、今度こそアオリイカを狙ってみたい!!
乞うご期待!!
[PR]
by yana_yana | 2010-11-23 19:47 | ☆釣りその他


<< 函館旅行&釣り イカ釣りなかなか上手くならない~ >>