札幌市内・一人渓流旅

土日出勤だったので、本日月曜日にお休みをもらって、一人で札幌市内の渓流を釣り歩いてました。
釣り歩いた川は、札幌市南区にある簾舞川(みすまいがわ)と小樽内川(おたるないがわ)です。

b0014001_2213180.jpg


まず最初に行った簾舞川は、南区藤野のちょっと先、フッズ(ゲレンデ)の隣くらいにある川です。
「渓流釣り北海道 120河川ガイド」に、地元の渓流ファンにこよなく愛される川、と説明されていたので楽しみにして行ったのですが…
虫しかいませんでした…
魚の追いも見れず、釣れる気配無しで終了…
なかなか難しいものです。

昼飯を食って、午後からは小樽内川です。こちらは南周りで札幌国際スキー場に行く時、さっぽろ湖(ダム)を超えて少しした辺りに道の横を流れている川で、ところどころで赤い橋があるのを覚えてる人もいるかもしれませんが、その橋から川に入ります。

入り口は何点かあり、とりあえず入れるところは片っ端から入釣しました。(釣るために川に入った、ということです)

まずは下流側から攻めたのですが、なんといきなりのBIG FISH!!
と思いきや…

b0014001_22133453.jpg


ウグイでした。
ウグイは…狙ってないので嬉しくはありません。
でも何も釣れないよりはいいかも…!?
何にせよ、購入した渓流用ランディングネット(魚をすくう網ですね)の初仕事がウグイになりました(笑)
でもデカいウグイだったー

気を取り直して、同じ場所でルアーをかえてキャストすると…
またヒット!!やべーさらにデカイ!!
針かかりした瞬間、ドラグがジィーッ!!となったかと思いきや
ふっ
と軽くなった手応えが。
あーバレた(魚が針から外れた)かーと思って糸を巻くと妙に軽い。
魚がデカすぎて、糸をぶち切られてしまいました…
1500円のルアーが…(D-コンタクト山女魚カラー)

まぁ、それくらいデカい魚がいるってことですね!!
ポジティブシンキングで(涙)

気を取り直し、どんどんと釣り歩いていきます。

b0014001_22135754.jpg


b0014001_2214584.jpg


b0014001_22141448.jpg


クマにビビりながらの釣り歩きですが、それはそれとして、しっかし景色が綺麗です。釣り用語的には「渓相が素晴らしい」と表現するそうですよ!!

でも魚は小ウグイを追加しただけでしばらく音沙汰がありません。

そろそろ今日は終了か?と思ったその時!!
竿先に反応が!!



おお?

おおっ!!

b0014001_2214333.jpg


ヤマベ出ました!!ヤマベとは、ヤマメの北海道地方名です。なぜか、ヤマベ。
これで20cmでしたが、もともとそんなに大きな魚じゃないので十分に満足サイズです。
これでやっと納竿できました。

一匹だけ、食べようと思って釣れてかえったところ、家に帰っても妙に元気。

b0014001_22144419.jpg


焼いて食べたら最高でした。

b0014001_22145169.jpg


昔から淡水魚で食用として人気が高いのはヤマベだと聞いたことがありますが、確かにイワナやブラウントラウトより身に味がしっかりあるように感じます。
乱獲して釣りができなくなるのは困るけど、美味しい魚は食べたい!!
その前にもっと釣り上手くならないと駄目か。


いいリフレッシュになりました
[PR]
by yana_yana | 2010-08-02 22:14 | ☆トラウト


<< 渓流釣りの記憶2010秋 苫小牧のアブラコは渋カラーがお好き >>